プエラリアの紹介WEB

プエラリアのコンテンツを集めている人のために制作したWebサイト。

このブログでは何かと女性の間で話題となっている、プエラリアについて取り上げていきたいと思います。

プエラリアはテレビコマーシャルや、新聞、雑誌など多くのメディアでも取り上げられていますが、プエラリアには女性の美肌作用、更年期障害の軽減、ホルモン置換療法などに効果が期待できるとされており、これほどまでに注目されるようになったのは、Natureというイギリスの学術雑誌で、プエラリア・ミリフィカに含まれる、「プエラリンには美乳効果をもつ成分が多く含まれる」との趣旨が発表されたことも、大きな理由の1つではないかと思います。

サプリメントとして、「ガウクルア」と表記され市販されているものに関しては、白のものが一般的によく使用されているようです。

プエラリアはプエラリン、ゲニステイン、ダイゼイン、フラボノイド、ダイジン、ゲニスチンを含有しています。

エストロゲンを活性化する誘導体はダイゼイン、ゲニステインに大別できます。

プエラリア・ミリフィカには、より活性の強い類縁体、ミロエストロール、デオキシミロエステロールが含まれます。

プエラリアに含まれるミロエストロール、これには強力なエストロゲン活性力があります。

その効果が非常に強力であるため、当然に副作用も考慮に入れて使用を考える必要があると思います。

特に過剰摂取などは絶対にしないようにして、1日に30mgと定められている、摂取量の上限を超えないようにくれぐれも気をつけてください。1日に30mg、これは植物性エストロゲン、大豆イソフラボンに関して、日本における特定保健用食品として、アグリコン換算値として算出されているものです。

プエラリアは濃縮されていないものでも、現地では古来から食べられている食品ですし、食べても特に問題はないと思います。





  • Filed under: プエラリア
  • 一言にプエラリアと言っても、プエラリアにも種類があり、白いグアオークルア、赤いグワオーデン、黒いグワオーダムの3種類があります。

    プエラリアには大豆のなんと40倍にも達する、植物性エストロゲンやイソフラボンが含有されています。

    塊根に含まれる成分はショ糖 (砂糖)、食物繊維が大部分でして、植物性エストロゲン、イソフラボンなど、女性ホルモンに似た作用を持つ成分が含まれています。

    亜熱帯地域の落葉樹輪に自生するプエラリアは、主にタイ北部やミャンマーの山岳地帯など、東南アジアで採取されるマメ科クズ属の植物です。

    学名はPueraria mirificaと表記されますので、プエラリアはプエラリア・ミリフィカとカタカナで表記されることもありますが、基本的にはプエラリアと呼ばれることが多く、サプリメントとして販売されているものは、プエラリアと表記されているものばかりです。





  • Filed under: プエラリア
  • 一部の専門家や学者から、危険性があると言われることもあるプエラリア(ガウクルア)ですが、具体的にどういった危険が示唆されているのでしょう。プエラリアには危険なエストロゲン作用物質を含んでいるとあえ、一部の専門家からの指摘があるようです。

    さらに詳しいプエラリア情報を掲載しているサイト⇒
    http://www.goodforthecountry.com/
    過剰摂取すると、イソフラボンであっても健康障害を起こすことがあるということで、プエラリアは食品とは言えないものだということです。

    プエラリアに対して否定的な専門家からは、未完性のサプリメントであるとまで言われています。

    基原植物であるプエラリアは、英語表記すると、「Pueraria」となりますが、正確にはマメ科の植物「Pueraria mirifica」のことをプエラリアと呼んでいます。

    カタカナ表記は発音の仕方によって変わることもありますが、しばしばガウクルアとも呼ばれます。

    これは現地名の「Guao Krua」から来ています。

    アルファベット表記でも異なることはあります。

    もともとは原産国のタイ語から来てるからですね。かつては「Kwao Keur」とされていたこともあったそうです。





  • Filed under: プエラリア
  • プエラリア・ミリフィカ、通称プエラリアは、一般的に女性用のサプリメントとして出回っており、女性ホルモンによく似た成分が含まれています。
    参考サイト:バストアップサプリのviewswestseattle.org

    女性ホルモンとは言っても、女性でも分泌される量には個人差があり、中には少ないと言う方もいらっしゃると思います。

    そこで少ない方に関しては女性ホルモンの成分を補ってから、プエラリアで女性らしさを増幅させようというものです。

    前回プエラリアについて言われている、副作用のリスクについてお話しましたが、薬には副作用がつきものであるように、一般的に言われるプエラリアの副作用には色々あります。

    今回はその中でも、男性が使用した場合というケースについて少し考えていきながら、男性に起こり易い副作用についてまとめていきたいと思います。

    プエラリアを男性がと驚かれる方もいらっしゃるかもしれませんが、男でも女体化に憧れる人がいます。

    そうでなくても「中性的な男性はモテる」ということを言われることがありますし、本気で女性化を目指す人でなくても、プエラリアを購入する人は増えているんじゃないかと思います。

    とにかくこのように、プエラリアに関心のある男性は意外に多いので、色々と副作用の報告もあるのですが、副作用が気になって手が出せないという人も多いようです。

    副作用は女性にですらあるわけですから、当然男性にもあります。

    一般的には頭痛、生殖機能の低下、体力・筋力の低下、精神不安定、倦怠感、性欲の低下などの副作用が報告されています。

    以下はあくまで個人による感想ですが、自覚症状として報告されているものについて少し紹介します。

    まず目眩、頭痛に関することです。

    「目眩、頭痛がプエラリアを摂取し始めた頃によく現れた。」「ホルモンバランスが崩れたためか立ちくらみも頻繁に起こるようになった。」などという報告があります。

    女性にもよくあることなのですが、男性の場合もこれはかなりの数が報告されています。

    次に精神不安定という症状・・・。女性ホルモンを投与すると精神が不安定になりやすいです。

    これはホルモンバランスが崩れるためなのですが、「ちょっとしたことでイライラする」「無気力でかなり辛い」こういった報告が極めて多く、「胸に痛みやしこりを感じる」といった声もあります。

    「プエラリアを摂取して数ヶ月経ってから、ある朝起きたら胸に違和感があった。後日乳首にしこりができていた。胸に妙な張りがあり、2~3日で治まりはしたものの、突っ張っている感じがして、しばらくはつまむと痛みもあった。今は何ともない。大体1週間ほどでおさまった。詳細は不明のまま。(医師の診断を受けていないため・・・)」また女性化に関する症状として、「女性に対して異性として意識するのではなく、同性の友達のような関係が望ましいと考えるようになった。」「男性色が強いものに関しては、嫌悪感を持つようになった。」「女性的な感覚に近づいてきたのかかわいいものに惹かれるようになってきた。」等と言うこともあります。

    最後にもう一つ紹介しておくと、精力低下に関する問題があります。

    「同性異性を問わず欲求として身体を求めるということがなくなってきた。」「勃起しない。エッチな写真などを見ても何とも思わない。」「10ミリほど精器か小さくなった。」「寝起きで勃起することもなくなった。」もちろんこれらの中には、一時的な症状も考えられますし、別の原因によって引き起こされている可能性もありますが、しかしながら、こういった報告があるということは無視できないと思いますので、副作用には十分気をつけて使用するようにしてください。



  • Filed under: プエラリア