一部の専門家や学者から、危険性があると言われることもあるプエラリア(ガウクルア)ですが、具体的にどういった危険が示唆されているのでしょう。プエラリアには危険なエストロゲン作用物質を含んでいるとあえ、一部の専門家からの指摘があるようです。

さらに詳しいプエラリア情報を掲載しているサイト⇒
http://www.goodforthecountry.com/
過剰摂取すると、イソフラボンであっても健康障害を起こすことがあるということで、プエラリアは食品とは言えないものだということです。

プエラリアに対して否定的な専門家からは、未完性のサプリメントであるとまで言われています。

基原植物であるプエラリアは、英語表記すると、「Pueraria」となりますが、正確にはマメ科の植物「Pueraria mirifica」のことをプエラリアと呼んでいます。

カタカナ表記は発音の仕方によって変わることもありますが、しばしばガウクルアとも呼ばれます。

これは現地名の「Guao Krua」から来ています。

アルファベット表記でも異なることはあります。

もともとは原産国のタイ語から来てるからですね。かつては「Kwao Keur」とされていたこともあったそうです。